プンスム・ツォクパを巡って 2

1)プンスムのゾンカ語義

政党名に限らず、外国語固有名詞の日本語表記に関しては、必ずしも原語の語義を翻訳するとは限らない。外国の政党名の知名度調査をしたら、共産党には及ばずとも、かなり上位に食い込めそうなトーリー党やホイッグ党を「アイルランドの無法者党」とか「スコットランドの反逆者党」と訳したりはしない……というのは冗談だが、本来、固有名詞である政党名は、たとえばその日本支部が日本語表記を発表すれば、それが原語における意味をどこまで反映しているかとは無関係に正式日本語名として採用されるのが通例だ。基本的には「翻訳」の問題ではなく、慣用と当事者の意向の問題である*[01]

しかしブータンの政党の場合、2008年の選挙以前は(諸橋論文でも言及されている反体制非合法組織以外は)政党そのものが存在していなかったわけだし、日本語表記についての注文が各党から出ているとは考えにくいので、原語の語義に従った日本語訳を考えるというのはきわめて妥当に思われる。ここで最初の疑問は、諸橋論文は「原語の語義に基づき」と書きつつ、原語の語義そのものについては直接なにも述べておらず、英訳語を間接的な根拠にしているという点である。原語の語義は調べようがないので、自己申告の英訳語の語義に基づいて日本語に訳した、というのならわかるが、そうは言っていない。

プンスムという単語はゾンカではそれほど特殊なものではないと思う。地名に限っていっても、ブータン最高峰「ガンカル・プンスム」があり、ハの「メリ・プンスム*[02] 」がある。「プンスム」の「スム」は、ゾンカの数詞「3」で、日本語の「サン」と語源が同じだ。「プン」は微妙だが、本来の語義は最高、究極という概念で、そこから「土地の一番高いところ(山)」「谷のいちばん奥」といった地形を表す言葉として用いられるようになったと想像される。ブータンで「プンスム」という地名があれば、それを日本語に意訳すれば「三つ子山」になる。ハの「プンスム」は通常、文殊、観音、執金剛の三尊になぞらえられる三連山だが、おそらく仏教以前の3人姉妹の山の神の伝承に基づくのだろう。ガンカル・プンスムには3人兄弟の山の神の伝承がある。

ここで、なぜ「一人っ子」はともかく、「プンニ」「プンシ」はなくて「プンスム」が多いのかといえば、その理由は明らかだろう。他の国でもそうだが、ブータンにも特別な意味をもつ数詞があり、代表的なのは8だが、3もしばしば用いられる。なぜなら仏教教義自体に三宝(ケンチョスム*[03] )、三界(カムスム)、三毒(ドゥクスム)といった概念があり、これらはいずれも仏教的世界観の基盤として、ブータンの日常生活に浸透しているからである。そしてこれは単なる信仰上、あるいは精神上の概念というだけではなく、ブータン憲法においてツァワスム rtsa ba gsum *[04]がいわば日本における「国体」に相当するような概念として使われている例でも分かるとおり、現代的な言語空間の中でも継承されている。

プンスムに関連すると思われる語に「プンツォク ཕུན་ཚོགས་ phun tshogs」がある。ブータン人の名前は仏教由来がほとんどだが、石(ド?)を投げれば当たる「プンツォ」さんはまさにこれで、DDC(ゾンカ普及委員会)の“Guide to Official Dzongkha Romanization”によれば、その意味は「慈悲、栄光、富貴を兼ね備える(者)」*[05] となる。Rangjung Yeshe チベット語-英語辞書にも、プンツォクは「完璧、最上」といった意味をもつ「プンスム・ツォクパ ཕུན་སུམ་ཚོགས་པ phun sum tshogs pa」と関連する語で、「豊饒、卓越、完璧」といった意味になるとある。

つまり、「究極の3要素を兼ね備えることによって完成された完璧な状態」がプンスムの語義だと考える。ここでの「3」は「三位一体」や「仏法僧」のように、それぞれが計り知れないほど尊い存在でありながら、3つ集まることでさらに特別な完成された状態を形づくるというという象徴的なイメージだ。トライアングルが生み出す、安定し、不足のない状態が、直接の語義としては「三つ子」でしかない*[06] 言葉に特別な意味を与えているのであろう。

DPTのシンボルは飛翔するツルである。ツルがなぜブータン(ドゥク)の象徴になるかは説明の必要がないであろう。そのツルが3羽であることの意味は、諸橋論文の中でも説明されている。しかし、それは後付けであって、以上述べたような「プンスム」の多義的な語源を示唆すると同時に、この政党が諸橋論文が説明するように3党の合流によって成立したという経緯、そしてその結果「完璧な」党となったことへの暗喩となっている、というのが私の想像である。この「聖数3」の暗示という象徴的なプロセスを経てこそ「調和」というキーワードと3羽のツルというビジュアルな表現が、ロジックを超えて直感的に、そして沈黙の中で受容される……こうなるともはや密教の世界であるが、まさにそういったコミュニケーションが日常生活の中で現実的に有効である希有な場所こそブータンであり、ブータンが密教の国であることの意味だと考える。


  1. 昔はビルマと呼んでいた国をミャンマーと呼ぶようになったのは、そっちの方が正しいからでも現地発音に近いからでもなく、ミャンマー政府がそう呼んでくれと言ってるからであるのと、基本的には同じである。 []
  2. meri phuensum ゾンカのローマ字表記では「miri」とすることが多いようである。「リ」は「山」を表す語として広く使用される。「me」は「火」なので、「meri」だと文字通り「火山」となり、プナカのメリ・プンスム・リゾート(ホテル)では語源について実際にそのような説明を受けたが、ハの三山はどう見ても火山に見えない(そもそもブータンに火山はない)ため、本来「miri」であり、火山ではない別の種類の山を意味するのかもしれない(ゾンカの綴りが確認できないため)。なお、ブータンで「山」を表す言葉は「ガン gangs」が一般的で、地名における出現頻度も高い。この2つの合成語である「ガンリ gangs ri」やgがkに変化した「カン(リ)」で慣習的に呼ばれる山名もあり、これらの同義語がさらに重ねて利用されるケースもある。 []
  3. 先年火事で焼失した国宝級の古寺、ジャカルのケンチョスム・ラカンが有名である。『地球の歩き方』ではこれを「コンチョスム」と表記してきた。この件では岩手大学の西田准教授から、ゾンカの発音では「ケンチョスム」ではと指摘されており、なるほどその通りである。ただ、仏教関係の用語や固有名詞にはチベット語の日本語表記の慣例を無視できないし(※たとえばチョルテンをゾンカの発音や表記に基づいて「チョテン」とするのは苦しい)。また、ブータンの寺はチベット人の僧侶が開山したり、同じ名前の高名なチベットの寺にあやかったりしたものが多く、たとえば仏教史の説明をしようとする場合、そういった仕組みがわかってないと恐ろしくわかりにくいものとなってしまう。その一方で、現地発音優先ということになると、ブムタンの言語はそもそもゾンカではない、といった別の問題が生じる。その中でどれが正しいかはなかなか難しい問題だ。いずれにせよ、本稿は日本語カタカナ表記の問題は扱っておらず、またそうでなければ、たとえば「ツォクパ、ツォグパ、ツォパ」の表記もいずれも合理的な、なぜそうなるのかの説明が可能、というところから話を始めなくてはならないので切りが無い。本稿ではこの日本語表記の問題はひとまずパスして先に進む。 []
  4. 諸橋・坪野は、ブータン国憲法日本語版翻訳の際に「三根」と訳し、国王・国家・国民を示すものとしている。 []
  5. “Possessed of Grace, Glory and Wealth” 「スム」が示す3要素も一応規定されているようである []
  6. その前に説明しているように、“phuen”には「最高の」といった意味から派生した「山」のニュアンスもあるようだが、ガンカル・プンスムやメリ・プンスムは語の他の部分に「山」が明示されていることもあり、「山」の意味を含まないとも考えらる。また、地名との関連でいえば、Phuentsholing の例でもわかるように、抽象的な(吉祥語としての)意味で用いられるケースの方が多いことがわかっている。 []

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です